TRAVEL

フランスチーズの持ち帰りは真空パックがおすすめ|空港での注意点

こんにちは、Himeです。

フランスで暮らすようになって、フランス人にとって、乳製品、特に fromage(チーズ)は食事に欠かせない食べものだなとつくづく感じます。

フランスでは、様々なチーズの種類があり、その数は400種類を超えるようです。

そんな、乳製品大国フランスだからこそ、チーズのお土産はとても喜ばれます。

日本でも最近、世界のチーズを購入できるお店が増えましたが、まだまだ種類は限られていますし、何と言っても、お値段がとても高い!

私がフランスに来た時に驚いたのは、チーズの種類とお手頃な価格。
日本の1/3-1/5くらいの価格で色々なチーズが買えてしまうのです!

今日は、「フランスチーズの持ち帰りは真空パックがおすすめ|空港での注意点」と題して、フランスでのチーズの買い方や、持ち帰り方法、空港での注意点についてお伝えしようと思います。

フランスでチーズを買うなら真空パックがおすすめ

フランスから日本にチーズを持ち帰る際は、私は必ず、真空パックにして持ち帰ります。

MONOPRIXなどのスーパーマーケットのチーズコーナーでも最近では、既に真空パックされたチーズを見かけますが、個人的には、珍しいチーズがたくさん販売されている

オペラ地区にある

ギャラリー・ラファイエット・パリ・オスマン」の「メゾン&グルメ館

ギャラリー・ラファイエット・パリ・オスマンはパリを代表するデパートで、メゾン&グルメ館は厳選されたこだわりの食品とインテリア用品がぎゅっとつまった専門館です。

このグルメ館のチーズ売り場がおすすめです。

日本ではお目にかかれないチーズや、日本でも購入可能なチーズも日本での販売価格に比べて驚くほどお安いです。

ギャラリーラファイエットはデパートなので、デパートと聞くと割高な感じがするかもしれませんが、何度も書きますが、日本と比べると本当に驚く程安いです!

大きなチーズは、量り売りで、その場で切って、無料で真空パック にしてくれます。

量り売りをしている大きなチーズは、値札に1KGあたりの金額が表示されているので、少し分かりにくいですが、100g単位で購入可能なので、希望のグラム数を店員さんに伝えてくださいね。

ギャラリー・ラファイエット・パリ・オスマンの「メゾン&グルメ館」は観光客も多いので、店員さんは英語が通じる方が多いですよ。

帰国時にロワシーバスでシャルルドゴール空港に向かわれる方は、最後にギャラリー・ラファイエット・パリ・オスマンの「メゾン&グルメ館」によって、チーズやバターを購入して空港に向かうと食品の劣化も最小限に防ぐことができます。

また、お土産で人気なバターも同様に真空パックにしてくれますので、持ち帰りの際、スーツケースの中で漏れや匂いの防止になります。

https://twitter.com/shione_kageki/status/1003495018118594560?s=20

私はいつも日本に帰国する際は、大量に購入して、家族やお友達のお土産にします。

夏のチーズやバターの持ち帰りはあまりおすすめではないですが、保冷バック+保冷剤でなんとかしのげます。

ギャラリー・ラファイエット・パリ・オスマン(日本語サイト)
http://haussmann.galerieslafayette.com/ja

ギャラリー・ラファイエットだけではなく、ボンマルシェや他のチーズ専門店でも真空パックにしてくれるお店はあります。
チーズをお土産に考えていらっしゃる方は、お店の人に確認してみてくださいね。

フランスのチーズ持ち帰り|空港での注意点

2019年4月22日から海外からの肉製品の違法な持込みに対する対応を厳格化されたことはご存知でしょうか?

バターはチーズは大丈夫なの?とよく質問されますが、厳密には、バターやチーズなどの乳製品も検疫対象なのです。

ですが、個人で消費する目的で携帯品として輸出入されるものについては、対象にはなりません。つまり海外からのバターやチーズの持ち込みはお土産なら大丈夫だということになります。

詳細は、下記の記事をご参照ください。

海外フランスバターやハムの持ち込みはNG?空港の税関検査注意点こんにちは。 フランスでの食べもので人気なものと言えば、ハム、チーズ、バターなど。旅行先でたくさん食べてもやっぱりお土産でもって帰...

ただし、日本に持ち帰る際は、必ず預け荷物の中に入れてください。
手荷物だと、没収されることになります。

まとめ

今日は、「フランスチーズの持ち帰りは真空パックがおすすめ|空港での注意点」と題して、フランスでのチーズの買い方や、持ち帰り方法、空港での注意点についてお伝えしました。

乳製品大国フランスだからこそ、喜ばれるチーズのお土産。
日本ではお目にかかれない珍しいチーズを是非、手に入れてみてくださいね。

空港では、バターやチーズなどの乳製品も検疫対象です。
ですが、個人で消費する目的で携帯品として輸出入されるものについては、対象にはなりませんので、スーツケースに入れて持ち帰れば大丈夫です。

※10Kgを超えるような場合は、販売目的と間違えられる可能性があるのでお気をつけください。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

あ・びあんと!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です