TRAVEL

飛行機にペットボトルの持ち込み可能?液体物を機内に持ち込む方法

こんにちは。

海外旅行をする際に、ペットボトルや液体物の機内持ち込みについて
悩んだ事はありませんか?
私は、いつでも水を飲む癖をつけているので、
ほぼ毎日ペットボトルの水を持参しています。

今日は、「飛行機にペットボトルは持ち込みは可能?機内持ち込み液体物は?」と題し、
ペットボトルは持ち込めるのか、持ち込めず没収されてしまうか、
化粧水などの液体物の持ち込み方について規則や方法をご紹介します。

国内線と国際線の液体物持ち込みに関するルールの違い

国内線の飛行機の場合、ペットボトルに入ったノンアルコール飲料は持ち込み可能です。
ただし、アルコールには規制がかかっています。
ANAの場合、アルコールが入ったペットボトルの場合は、
5Lを超えるボトル、70度以上のアルコールは持ち込めません。

■アルコール度が24%以下の場合 : 制限なし
■アルコール度が24%を超え70%以下の場合 : 1人あたり5リットルまで、機内持ち込み・お預けともに可能
※小売販売されている容器に収納されていることが条件となります。
■アルコール度数が70%を超える場合 : 機内持ち込み・お預けともに不可

<参考>
一升・・・約1800ml
一合・・・約180ml

(引用:ANA公式ウェブサイト)

飛行機内での飲酒を禁止にしているLCCの航空会社もあます。
その場合持ち込んだアルコールは機内では飲むことができないので気をつけましょう。

続いて、国際線の場合

国際線の飛行機の場合はひとつの容器につき100ml以下で、
それらを1L以下のジッパー付透明ビニール袋に入れたものを1人1袋まで持ち込み可能です。

このジッパー付透明ビニール袋に入れる制度は、国によって
規制の強弱はあると思います。
アメリカなどはこの液体物に関してはとても規制が強いです。
ヨーロッパも国によっては厳しいです。
緩いところは、ジッパーに入れなくても液体物をバックの外に出せば
通るところもあります。
ただ、保安検査での手荷物検査は、順番が回ってくると
急かされることが多いのでジッパーの袋にあらかじめまとめている方
絶対にスムーズですよ。

国際線機内持ち込み100ml以下の液体物の注意点

国際線の飛行機の場合はひとつの容器につき100ml以下で、
それらを1L以下のジッパー付透明ビニール袋に入れたものを1人1袋まで持ち込み可能です。

これは、液体物が、100ml以下という訳ではなく、100ml以下の容器
つまり、150mlのの化粧水を半分使って75mlしか残っていないから持ち込める!という訳ではないのです。
これは、確実に没収されます。
必ず、100ml以下の容器に入れないとダメです!

実は、恥ずかしながら、経験があります。
120mlの瓶に少量だけ入っていた化粧水。。。
機内で残りを使用して、容器は破棄しようと思っていました。
本当に少ししか入ってなかったのに、没収されました。
係員の人に、「空港内の薬局で容器が売ってるから、移し替えて戻ってきてもいいわよ。」
と言われましたが、時間もなかったのであきらめました。

というわけで、ペットボトルの水も同じです。
500mlのペットボトルに100mlしか残っていなかったとしても、
容赦なく没収されますのでお気をつけください!

まとめ

今日は「飛行機にペットボトルの持ち込み可能?液体物を機内に持ち込む方法」
と題し、機内持ち込みの液体物のルールについてご紹介いたしました。

もうすぐゴールデンウィーク。飛行機に乗る方もたくさんいらっしゃると思います
当日、焦らないように、事前に液体物の準備、してくださいね!

それでは、今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

あ・びあんと!

お盆やシルバーウイークなど大型連休で混雑する関西空港の対処法は?2019年は大型連休が多いですよね。 海外旅行に行かれる方も今年は例年に比べて増加傾向にあるようです。 となると、空港は、人・人...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です