NEWS/EVENT

春水堂ティーピーティー(TP TEA)関西初!カスタマイズが人気!

こんにちは。

タピオカミルクティー発祥の店「春水堂」(チュンスイタン)のテイクアウト専門ティースタンド「ティーピーティー(TP TEA)」をご存知でしょうか?
なんと、関西初店舗を2019年6月4日(火)、阪急三番街にオープンされます!

今日は、「春水堂ティースタンドティーピーティー(TP TEA)|先行販売は?」と題して、タピオカミルクティのこと、今話題のTPTEAがなぜ人気なのか、関西初の店舗情報情報についてお伝えします!

世界中で人気急上昇のタピオカドリンク

最近、タピオカミルクティが大ブームですよね。「#タピる」「#タピ活」とか新たなトレンドワードが生み出されて、女子高生を中心に大人女子まで人気なタピオカミルクティ。飲んでいると何だかお洒落女子になった様な感覚になりますね。

ファミリーマートやセブンイレブンなどのコンビニでも「タピオカ」入りドリンクが登場していますし、ミスタードーナツこと「ミスド」からもタピオカ入りドリンクが出てきてそれぞれタピオカブームはしばらく続くと思われます。

日本だけでなく海外でもタピオカミルクティって流行っています。

私が住んでいるパリでは、「タピオカティー」より「バブルティー」の名前の方が浸透していますが、タピオカ入りドリンクのお店はたくさんあります。日本ほど大ブームって感じではないですが、「バブルティー飲みたい!」で通じます。笑

タピオカティー?バブルティ?パールティ?違いは?

私がはじめてタピオカティーを飲んだのは台湾だったかと思います。珍珠奶茶(ゼンジュナイチャ)。省略して珍奶(ゼンチャ)と言うのですが、当時は、台湾人の友達に勧められて飲んだのがきっかけです。

モチモチしたタピオカとミルクティのハーモニーは初体験で、その後すごくおなかがいっぱいになった記憶があります。笑

その後、ハワイに旅行に行った際に、タピオカミルクティーを飲みました。ハワイでは、「ボバティー」「バブルティー」「パールティー」と呼ばれています。まん丸のタピオカが(バブル=泡)だったり、(パール=真珠)に見立てているんですよね。

そして、日本で、「タピオカティー」をパリでも「バブルティ」を飲みました。

つまり、呼び方が違うだけで、タピオカティーもバブルティもボアティもタピオカ入りのドリンクという事。呼び方が各国で違うだけなんですよね。

タピオカミルクティーが人気な理由

では、なぜこんなにもタピオカミルクティーが人気なのか、人気の理由にせまります。

タピオカミルクティは、アイスミルクティーにタピオカを入れた台湾の伝統的なスタイルの中国茶カフェを経営している劉漢介氏が立ち上げたカフェ「春水堂(チュンスイタン)」が考案したと言われています。

上記、春水堂のタピオカミルクティーです。雑誌やテレビで一度は見た事があると思います。

そして、タピオカミルクティーの発祥の地は台湾。台湾は日本からも近く親日家も多いため、人気の海外旅行先です。LCCの就航によって、ますます台湾へ旅行する若者が増えたことにより、台湾の味覚に触れる機会が多くなり、日本でもタピオカドリンクや台湾のお茶を楽しみたいと思う人も増えたことが、日本でのタピオカドリンクのお店が増えている背景にあると言われています。

また、平行してずっとコーヒーブームはあるのですが、「コーヒー嫌い」もいますよね。コーヒーではなくお茶派の人々にドンピシャでささったものが「タピオカミルクティー」ダッタのだと思います。

そして、タピオカミルクティーの容器から見える大粒のつぶつぶがかわいい!と女子高生の中で人気になり、「#タピる」「#タピ活」などのトレンドワードを生み出したことも人気が急上昇した理由の1つでもあります。

春水堂ティーピーティー(TP TEA)が人気の理由

ティーピーティーは、35年の歴史を持つ春水堂が2005年に設立したテイクアウト専門のティースタンド。メイン商品のティーラテシリーズなど、ユニークで高品質なドリンクが台湾で人気を集めています。
台湾国内で250店舗展開、日本には2018年7月に初上陸。東京都内で3店舗を展開し、国内4店舗目が、2019年6月4日に関西初出店が決定!

人気の理由は、看板商品である“ラテシリーズ”をはじめ、厳選された高品質な茶葉やタピオカを使ったティードリンクを揃えるていることや、甘さや氷の量が5段階でカスタマイズできることです。このカスタマイズが「ティーピーティー」ならではで、SNSでも話題をよんでいます。

 

https://twitter.com/sugenomegumi/status/1126726586261106688?s=20

タピオカミルクティってすごく甘いイメージがあるので、甘さが調節できるTPTEAはとってもうれしいカスタマイズだと思います!

春水堂ティーピーティー(TP TEA)関西上陸情報

台湾国内で250店舗展開、日本には2018年7月に初上陸。東京都内で3店舗を展開し、国内4店舗目が、2019年6月4日に関西初出店が決定しました!

【店舗の詳細】

ティーピーティー(TP TEA) 阪急三番街店
オープン予定日:2019年6月4日(火)
住所:大阪市北区芝田1-1-3 阪急三番街北館1F
営業時間:10:00~22:00

【メニュー例】
タピオカミルクティーソフトクリーム530円~
大粒タピオカミルクティー 550円+税
タピオカ抹茶ラテ 550円+税
タピオカマンゴーラテ 650円+税
マンゴースムージー 550円+税

など

2019年6月4日(火)、関西初店舗となる阪急三番街にオープンに伴い、店内では、ソフトクリームにタピオカをトッピングした季節限定「タピオカラテフロートシリーズ」を6月8日(土)の全国販売に先駆けて展開されるとのことです!!

「タピオカラテフロートシリーズ」とは、淹れたてのお茶で作るラテと、もちもちのタピオカ、そして濃厚ソフトクリームのリッチな3層のハーモニーが楽しめる、「タピオカ紅茶ラテフロート」、「タピオカ抹茶ラテフロート」、「タピオカ翡翠ジャスミンラテフロート」、「タピオカ鉄観音ラテフロート」の4種です。

暑い日にこの3層ハーモニーは最高ですよね!

まとめ

今日は、「春水堂ティーピーティー(TP TEA)関西初!カスタマイズが人気! 」と題し、タピオカミルクティのこと、今話題のTPTEAがなぜ人気なのか、関西初の店舗情報情報についてお伝えしました。

暑くなってくると、冷たい飲み物が飲みたいですよね。美味しいし、おなかにもしっかりたまるし、何と言っても見た目がかわいい!インスタ映えもバッチリのタピオカミルクティー!しかも甘さがカスタマイズできちゃうのはとっても嬉しいですね!

関西初店舗を2019年6月4日(火)、阪急三番街にオープンです。

春水堂ティーピーティー(TP TEA)は、関西でも人気が出そうですね。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

あ・びあんと!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です