イベント(World)

メーガン妃出産間近|予定日はいつ?:英ハリー王子がパパに

こんにちは。

イギリスのハリー王子の奥様、メーガン妃ですが、
そろそろ出産するかもしれない!という話題が飛び交っています。

というのも、ハリー王子とメーガン妃は4月に入り、
夫婦のとしての公式のインスタグラムをスタートさせました。
(@sussexroyal)
フォロワー数は今日現在で既に4.3百万人とインスタグラム開設から
一気にフォロワー数をのばしています。

https://twitter.com/KensingtonRoyal/status/1113084232673394689

おそらく、今後はこのアカウントに今月中と言われている
第一子の出産の速報も投稿されるのでしょうね!!!
楽しみですね。

今日は、「メーガン妃出産間近|予定日はいつ?:英ハリー王子がパパに」と題し、
出産予定日は、母となるメーガン妃についてご紹介しようと思います!

メーガン妃出産間近|予定日はいつ?

以前、サセックス公爵夫妻はメーガン妃が妊娠し、
2019年の春頃に出産予定であることを報じています。

各誌はサセックス公爵夫妻の第一子は4月に誕生する予定だと報じていています。

大衆紙The sunによるとこの出産に関する賭けのオッズ(倍率)では、
4月15から22日の週あたりからオッズの倍率があがっている様子です。

The odds that the Duchess of Sussex will give birth this week are currently standing at 2/1 – making the next few days the most likely of all.

The week after – from April 15-22 stands at 4/1, with the chances of Baby Sussex being born two weeks from now – and during Prince Louis’ birthday week – also standing at 4/1.

It’s thought Meghan and Harry‘s first child will arrive sooner rather than later, with the odds increasing as the weeks go on.

The chances that Baby Sussex will arrive on the Queen’s birthday have also dropped from 7/1 to 5/1.

(引用:The Sun)

 

この記事によるとオッズの予想は、、、
(4月8日~12日)」とする賭けのオッズは2倍まで下がっている。
ということは、、
今週中の出産の可能性もあると予想している人が多いってことですよね!
少なくとも、今月中にはご出産されそうですね!!

メーガン妃|出産にはロイヤルドクターを断った?

報道によると、分娩時には王室お付きのロイヤルドクターではなく、
メーガン妃が独自で選んだ医師達に立ち会ってもらうと決定したとのこと。
こに分娩チームのチームリーダーは女性医師。

ロイヤルドクターを断った理由は、スーツを着た男性ドクターに診てもらうことが
嫌だったからだとか。
メーガン妃は、フェミニストとして知られていますよね。
日頃、男女同権訴えていらっしゃるメーガン妃なので、
男性蔑視のように感じるというという意見もあるけれど、
私は、女性を女性の権利拡張を応援する、メーガン妃のフェミニスト
らしい姿だと思いました。

世間では、、、
「彼女の出産であって、彼女の赤ちゃんである。
彼女が正しいと思うことをやるべきだわ。」
という意見もがあったり、
伝統破りという批判の声もあったり、
賛否両論のようです。

また、ヘンリー王子とメーガン妃の新居はロンドン西(約48キロ)にある
最近、ウィンザー城のフロッグモアコテージに引っ越されましたよね。
よって、この界隈の病院で出産されるのでは!?と予測されてます。

メーガン妃ってどんな人?

何かと英国ロイヤルファミリーに新しい風をもたらすメーガン妃。
どんな生い立ちなのか調べてみました。

メーガン妃は2019年8月4日で37歳を迎えます。
名前:サセックス公爵夫人メーガン(Meghan, Duchess of Sussex)
旧名:レイチェル・メーガン・マークル(Rachel Meghan Markle)
生年月日:1981年8月4日生まれ
出身地:アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身
出身校:ノースウェスタン大学卒業 ※大学では、演劇と国際関係を同時専攻。

母がアフリカ系、父がオランダ・アイルランド系というミックス。
両親はメーガン妃が6歳の時に離婚をしていてその後は母親と暮らしていました。

フェミニストとして知られるメーガン妃ですが、彼女が小学生のころ、
こんな出来事がありました。
台所用洗剤のTVコマーシャルで、
アメリカ中の女性が鍋やフライパンの油汚れと戦っている」
というキャッチフレーズに対し、ショックを受けたメーガン妃は、
当時のファーストレディ、ヒラリー・クリントンなどに手紙を送られました。
数週間後にはヒラリー・クリントンから激励の手紙が送られ、問題のキャッチフレーズは、
アメリカ中の人々が鍋やフライパンの油汚れと戦っている」へと変更された。
この出来事が、男女平等を唱えるメーガン妃の基礎を築いた様子。
2015年の国際女性デーに国連で行ったスピーチの中でもこの経験について語られていました。

大学卒業後、女優としての道を歩み始めたが、なかなか花は咲きません。
彼女が注目されるようになったのは、2011年のテレビシリーズ「SUITS」の
弁護士志望のパラリーガル、レイチェル・ゼイン役。
ヘンリー王子との婚約をもってこの番組を降板し、女優業を引退されています。

まとめ

今日は、「メーガン妃出産間近|予定日はいつ?:英ハリー王子がパパに」ということで、
出産間近のメーガン妃についてご紹介しました。
また、新たな風が近々吹きそうな予感ですよね!
どうか、ご無事に出産されますように。

それでは、今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

あ・びあんと!