ニュース・メディア

新紙幣(一万円、五千円、千円)の肖像画は誰?刷新の理由や時期は?

2019年4月8日、政府が一万円などの日本の紙幣の肖像画を
刷新する方針を固めていること分かりました。

そこで今回は、
「新紙幣(一万円、五千円、千円)の肖像画は誰?刷新の理由や時期は?」と題し、
新しい紙幣の肖像画、刷新の理由や時期にいてお伝えします。

新紙幣の新たな肖像画は誰になる?

今回の新紙幣刷新で変わる肖像画は、

  • 一万円札:福沢諭吉 → 渋沢栄一
  • 五千円札:樋口一葉 → 津田梅子
  • 千円札:野口英世 → 北里柴三郎

になる予定です。

渋沢栄一|津田梅子|北里柴三郎はどんな人?

渋沢栄一

渋沢栄一は「日本資本主義の父」とも呼ばれた実業家。
第一国立銀行や東京証券取引所など多くの企業を設立、経営。

津田梅子

津田梅子は、津田塾大学の創始者でもある教育者。
日本における女子教育の先駆者。

北里柴三郎

北里柴三郎は「日本細菌学の父」としても有名な医学者・細菌学者。
破傷風の治療方法を開発するなど、
近代医学の発展に多大なる貢献した。

新紙幣刷新の理由と時期

紙幣刷新を行う本来の理由は、

最新の偽造防止技術を紙幣に反映させること。

それと、今回は、新元号「令和」の制定から間を置かずに公表することで、
新時代の幕開け機運を高める狙いもあるようです。

新しい紙幣が流通するのは数年後
新紙幣の刷新は1963年から約20年の周期で行われています。
前回の紙幣の刷新が2004年だったので、2024年に刷新されることが予想されます。

まとめ

今日は、

新紙幣(一万円、五千円、千円)の肖像画は誰?刷新の理由や時期は?

ということで記事をかきました。

一万円札の肖像画には渋沢栄一、五千円札には津田梅子、
千円札には北里柴三郎を採用する予定とのこと。

紙幣が変わるとなると時代が変わる気がして
少し、寂しい気持ちもありますが、
新紙幣の刷新の機会に立ち会えるのも楽しみですよね。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

あ・びあんと!