ニュース・メディア

キムタク(尾花)も乗っていたパリで大人気のLime-sの使い方

こんにちは。
ひめです。

日曜劇場「グランメゾン東京」が話題になりましたね。
キムタクがフランス語で話しているのがなんだかかわいくて
何度も見返してしまいました。

キムタク(尾花)が、パリの街中で逃げ回っている際に
使用していた乗り物ってご存知ですか?

↓こちらです。

https://twitter.com/creapills/status/1010131540339314689?s=20

これ、今、パリでは大人気なのです。
今回は、「キムタク(尾花)も乗っていたパリで大人気のLime-sの乗り方」
と題して、パリでみんなが使用しているこの乗り物についてご紹介したいと思います。

キムタク(尾花)が乗っていた乗り物の正体とは

早速ですが、冒頭でご紹介した、このキックボードのような乗り物の正体は、

「Lime(ライム)-s」という電動キックスケーターです。
そして、こちらは、なんとシェアリングサービスなのです。

パリには、Velib(ヴェリブ)という自転車をはじめ、
いろいろなシェアリングサービスが展開されています。

Limeが展開されたのは、2018年6月。
もともとは、アメリカの西海岸企業のスタートアップ企業のものだそうです。
このLimeはパリで展開されてからすぐに普及し、
街のあちこちで見かけられるようになりました。

Limeが人気な理由の1つが、街のどこでも乗り捨てOKなこと。
自転車のシェアリングサービスなどは、指定場所まで戻さなければ
いけないのですが、Limeは指定場所はなく、どこで乗り捨てても
OKなのです。

このサービスが始まったころは、パリジャン達ばかりが使用していたように
思いますが、最近は、観光客も使用しているところを見かけます。

私も使用しましたが、本当にかなり便利!
電動なので、スピードがけっこう出るので気をつけなければいけないですが、
運動神経に自身のある人にとっては、本当にお手軽で便利な乗り物だと思います。

道端に置かれた電動キックボードが盗まれないの?
という疑問が浮かびますが、1台1台、すべて内蔵GPSによって管理されているので、
位置情報が把握されているのです。
解除するのは、個人IDと結びつけたアプリとQRコードが必要なので、
盗難しても結局、課金され続けてしまいますよね。。。

個人IDはスマホアプリからダウンロードするので、基本的には、
スマホがないと使用出来ない乗り物ということになります。

キムタクが乗っていたLimeの使用方法

Limeを使用する為には、まずスマホにLimeのアプリ をダウンロードするとことから始めます。ダウンロードしたら、起動してユーザー登録を済ませます。

登録が終わるとアプリ上の地図で、どこにLimeがあるか確認できるようになります。
↓こんな感じです。

https://twitter.com/magdaboudagher/status/1177959756713091072?s=20

 

Limeを借りる為に、まずは、アプリ内で事前に課金することが必要です。
クレジットカード決済も可能なので、課金は簡単に出来ます。

課金が完了すれば、さっそく乗る事ができます。

アプリの地図を見てLimeを探し、見つけたらLimeのハンドルに付いている
QRコードを、アプリのカメラ画面で読み込みます。
QRコードが読み込まれるとその車体がアンロックされ、使用できるようになります。

キムタクが乗っていたLimeの料金は、どれくらい?

1 euro la course, 15 centimes de location par minute

アンロックした時点で1ユーロ発生します(つまり、使用料は1回1ユーロとなります)

1分ごとに0.15ユーロです。安い!

https://twitter.com/magdaboudagher/status/1177959756713091072?s=20

 

乗り方は、まず足で蹴って車体に速度を乗せ、その後は右手側のアクセルでスピードを上げます。
ハンドル右手側にはアクセル、左手にはブレーキがあります。
ハンドル中央には速度計が付いています。

目的地に着いたら、邪魔にならない公共のスペースに駐車します。
アプリ内のカメラで駐車場所の写真を取り、返却が完了です。

まとめ

今日は、「キムタク(尾花)も乗っていたパリで大人気のLime-sの乗り方」
と題して、パリで大人気のシェアリングキックボード、Limeについてご紹介しました。

登録も乗り方もとても簡単なので、旅行中も挑戦できますよ!
ただし、基本的には車道を走らなければいけないので、ご注意くださいね!

それでは、今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

あ・びあんと!