ニュース・メディア

フランスでもパリとボルドーでコロナウイルス感染者が確認される!

こんにちは。 ひめです。
今日は、フランスでも最近とても話題になっている「コロナウイルス」のお話。
2020年1月24日、フランスのパリとボルドーでフランスで「コロナウイルス」感染患者が確認されたことから、フランスのニュースで大きく取り上げられています。
今日は、「フランスでもパリとボルドーでコロナウイルス感染者が確認される!」と題して、フランスでのコロナウイルスの状況についてお伝えします。

コロナウイルス患者が中国・武漢からフランスに入国?

コロナウイルスのニュースが世界各国で報道されていますね。

フランスでも、コロナウイルスの脅威みたいなニュースは最近よく耳にします。
特にここ最近、中国・武漢から熱があるにも関わらず、解熱剤で熱を下げて、フランスへの入国に成功た女性が、自分のSNSのフランスを観光している様子を投稿したことから、フランスでもツイッターを始め、各種メディアで「新型コロナウイルス」ではないか!?と大騒ぎになっていました。

結局、この女性は、フランス政府により特定されて、検査を受けたところ、「陰性」と判明しましたが、彼女のSNSと投稿をきっかけに、フランス国内でも「コロナウイルス」がやばい!という噂が大きく広がりました。
また、この女性は、フランスに入国した際に、空港で、コロナウイルスを意識した(熱などを調べる)検査はなかったことも、物議が醸されています。

中国では旧正月の時期なので、この休暇を利用して、海外旅行に行く人が多い時期でもあります。通常より多くの中国人観光客がフランスにも入国していることが予測されることも重なり、コロナウイルス騒動はここ数日、大きく取り上げられているのだと思います。

フランスでコロナウイルスの感染確認|パリとボルドー

中国・武漢から来た女性のSNS騒動、結果的に、フランスではまだコロナウイルスの感染者はいないということで、少し安心していたのもつかの間、1月24に(金)に、フランスのパリとボルドーでコロナウイルスの感染が確認されたというニュースが飛び込んできました。

Le Mondeの記事によると、フランス政府は、仕事で武漢を訪れていた40代の中国系のフランス人を含め2人の感染者がフランス国内で確認されたと発表しました。ヨーロッパで感染者が確認されたのは初めてです。

1人は、ボルドー、1人はパリで確認されていて、2人共、中国を訪れていたとのこと。
症状は、一般的なインフルエンザのような高熱と咳だということです。

Agnès Buzyn保健大臣は「これからも、ほかの感染者が見つかる可能性は高い。最も重要なのはできるだけ早く感染者を見つけることだ」と記者会見を開き、感染の拡大を防ぐ対策に万全を期す考えを示しました。

記事元はコチラ

コロナウイルス感染を防ぐ為に出来ること

コロナウイルスの感染を防ぐにはどうしたらいいのか。
色々な記事を読んでみたけれど、やはり、通常の感染症対策が基本のようですね。
こまめに、手洗い・うがい・アルコール消毒など。
そして、やっぱり、マスクも有効とのこと。
しかし、問題は・・・フランス人はマスクをしない。
マスクをしていると、まるで重病人のように、まるで、悪い事をしている人のように・・・変な目で見られるのです。

フランス(パリ)は12月からのストライキの影響で、混雑時の山手線のような、満員電車や満員バスの状況で、もちろん、咳やくしゃみをしている人も中にはいます。
ですが、ほぼ100%マスクをしている人は見た事がないです。
観光地に行くと、アジア人が白や黒のマスクをしているのを見かけることはありますが、フランスに住んでる人でマスクをしている人は本当に見た事がありません。

フランスの薬局では、日本の薬局のように、色々なマスクが山積みになっている光景など皆無です。というか、マスクがどこに置かれているのかどうかも不明です。
さすがに、病院や、歯医者など、医療従事社はマスクをつけていますが、一般人はマスクをする習慣がありません。
私も、マスクは、一応日本からもって来てはいるのですが、今迄、公共の場でつけたことはありませんでした。
でも、人目よりも自分の健康の方が大切なので、これを機に、せっかく日本で箱買いしてきたマスクをつけてみようかなと思っています。

マスクはさておき、コロナウイルスに感染しないためにできること、手洗い・うがい・アルコール消毒など、基本的な感染症対策をしっかりしなければいけないとくことですね。

まとめ

今日は、「フランスでもパリとボルドーでコロナウイルス感染者が確認される!」と題して、今話題のコロナウイルスが、ヨーロッパで初めてフランスで感染者が見つかるというニュースが飛び込んできたので、状況をお伝えしました。
このウイルスは、完成経路など、まだまだ不明瞭な点が多いですが、今後さらなる拡大感染が懸念されるため、個々人で予防できる感染症対策(手洗い・うがい・アルコール消毒など)をしっかり行うことが大切ですね。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

あ・びあんと!