NEWS/EVENT

2色構造の新500円硬貨|裏表のデザインや発行日はいつ?

こんにちは。

2019年4月8日、政府が一万円などの日本の紙幣の肖像画を
刷新する方針を固めていること分かりましたが、、、、、、

なんと、500円硬貨のデザインも変更されるという情報が入りました!

そこで今回は、
2色構造の新500円硬貨|裏表のデザインや発行日はいつ?と題し、
新しい500円硬貨のデザインや発行日についての気になる情報を
お伝えしようと思います。

新500円硬貨の変更点・変更理由

まずは、新500円硬貨の変更点について。

どうやら、2色の色を使う構造になるとのこと。
2色とはどんな色になるのか。
実際の画像がこちら。

分かりますでしょうか?
よく見ると、円の中心部分が銀色なのに対し、
外側が金色になっておりまます。

細部については今後決定されるとのことですが、
デザインの大きな変更はないようですね。

ちなみにユーロも1ユーロコインと2ユーロコインは
2色構造です。

こんな感じ↓
2ユーロは外周がシルバーで内側がゴールド
1ユーロは外周がゴールドで内側がシルバー

高級感ありますよね^^

 

では、なぜ、デザインを変更するかについて。
これは、偽造防止の為とのこと。

新500円硬貨は「バイカラー・クラッド」と呼ばれる、
ニッケル黄銅と白銅、銅を組み合わせるもの。

ATMや自動販売機などでは偽造硬貨を合金の電気伝導率で
判断しているので、複雑な構造(組み合わせ)にすることによって
偽造防止効果を高めるのだとか。

きっと、表面には製造年として新元号「令和」が刻印されますね。

新500円硬貨の発行時期

政府の4月9日の発表によると、
新しい500円硬貨をは、2021年度上期をめどに発行する
とのこと。

つまり、新紙幣の刷新よりも早くお披露目となるようです。

まとめ

今日は、2色構造の新500円硬貨について情報をお届けしました。

ゴールドとシルバーの2色の硬貨って
少し高貴なイメージですよね。

発行が楽しみですね。

銀行とか自動販売機とかの対応は大変そうですよね。。。
逆に、自動販売機の機械関連の会社は、
景気がよくなるかもしれませんね!

時代の流れとともに、色々なものが変わっていきますね。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

あ・びあんと!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です