ESPRIT

フランスのカップル|彼氏へ彼女へ、恋人の呼び方や愛称まとめ

こんにちは。
ひめです。

フランスに来て、素敵だな思ったことの1つが、カップルのお互いの呼び合い方に色んなバリエーションがあることです。

今日は、フランスのカップルがお互いをどのように呼び合っているのかをご紹介しようと思います。

フランスでカップル同士が呼び合う愛称

一般的というか、有名な呼び方は、「私の愛しい人」。「マイダーリン」って感じかな。
マシェリー (女性に向けて)(ma chérie)
モンシェリー (男性に向けて)(mon chéri)

マ ma とモン mon は英語でいう my であり、男性名詞と女性名詞があるフランス語では、男性を呼ぶ時は、mon 女性を呼ぶ時は、ma というように呼び分けをします。

もう少し、どろっと濃厚な感じのカップルでの呼び方は、

モナムール Mon amour (私の愛)
モンキュール Mon coeur (私の心)

という呼び方があります。
私の経験ですが、mon amour とかmon coeurと呼びあうようになると、お互いの愛の形が大きくなってきたり、成長してきた時なのではないかと思います。

その他にも動物や食べものなどを愛称にすることが多いです。

  • ma bébé (モンベベ) 私の赤ちゃん
  • mon lapin (モンラパン) 私のうさぎ
  • mon chat (モンシャ) 私の猫
  • mon prince (モンプランス)私の王子様
  • mon chaton(モンシャトン)私の子猫
  • mon crocodile (コンクロコディル) 私のワニ
  • ma puce (マプュス) 私ののみ (え?のみ?笑)
  • ma macaron (ママキャロン) 私のマカロン
  • mon chuchu (モンシュシュ)私のキャベツ
  • ma belle (マベル)私の美しい人

この他にもカップル同士で様々な愛称を呼び合います。
私は、一度、「僕は君のSUSHIだね」と言われて、寿司を想像しながら、相方を呼ぶのは嫌だと却下したことがあります。笑

フランス風、かわいい愛称にはpetitプティをつけよう

フランス語でカップル同士呼び合う時に、よく使うのが、petit プティ(小さい)です。
小さいという意味だけど、かわいいということのようです。

ma petite cherie  プティットシェリー(直訳 小さくて愛しい人)というように、petiteをつけると、さらに可愛らしく聞こえるようです。

ただ、女性から男性にはあまり、petitはつけないような気がします。
特に、男性が大柄な人だと、なんとなくpetitって使うのが可笑しい気がして、私、個人的にも男性にpetitと呼んだことはありません。

でも、カップッルの形はいろいろです。
これはOK、これはNGというルールはなくて、カップル同士で決めればいいのです。

私は、友達カップルの男性が女性に対して、「mon chaton モン シャットン」(私の子猫)と呼んでるのを聞いて、とても聞こえがよかったので、私も「chaton」と呼んでと言ったことがあります。

このように、カップル同士が話し合って、話し合ったり、何かのきっかけで呼び合ったりすることが多いです。

カップル同士の愛称が少ない日本人は悲しいこと?

フランスのカップルは、愛称で呼び合いますが、日本でのカップルは、名前で呼び合うことが多いのではないでしょうか。
むしろ、愛称というか、あだ名で呼び合うよりも、名前で呼ばれた方がテンションがあがったりしませんか?

私は、昔、彼からニックネームで呼ばれていましたが、ある日、名前で呼ばれた時に、とてもテンションがあがって幸せになったことを覚えています。

フランスでは逆に、カップル同士では、自分の本名で呼ばれることがほぼありません。
もちろん、友達に紹介される時などは、名前で呼ばれるのですが・・・
私は、自分の名前が好きなので、名前で呼ばれないことは、逆に少し悲しいな・・・と思ったりします。
そんな話を相方と話していると、
「愛称は、カップル同士の基本だし、カップル同士が決める新しい名前のようなものだから、それを話し合わない日本人は悲しい」
と言われたことがあります。笑
大げさな・・・と思いましたが、確かに、フランスではカップル同士で色々なことを話し合います。小さなことでも、議論し合います。
カップル同士の話し合いの場数でいうと、フランスの方が圧倒的に多いです。
もちろん、カップルもよりますが、一般的な話としてカップルでの時間を大切にするフランス人特有の発想だなと私は思いました。

まとめ

今日は、「フランスのカップル|彼氏へ彼女へ、恋人の呼び方や愛称まとめ」と題して、フランスのカップル同士がどのようにお互いを呼び合うかについてご紹介をしました。

フランスでは、カップル同士、何が正解とかではなくて、カップルがお互いにどう呼び合うことが心地よいのか、お互いに話し合って決めることが多いようです。

フランスでは、カップル同士の時間を大切にします。その上で、愛称で呼び合うよりも名前で呼び合う方がお互いにとって心地よいと思えば、名前で呼び合うカップルもいます。

逆に、いくつもの愛称を、TPOによって使い分けているカップルもいます。

何が正解とかではなく、何がお互い心地よいかということだと私は思います。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

あ・びあんと!

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です