ESPRIT

フランスで外出禁止令だから出来る事|マインドセットを変えよう

こんにちは。
ひめです。

ご存知のとおり、新型コロナウイルスの影響で、ヨーロッパでは2億人以上の人々が外出制限を受けています。フランスも例外なく、本日、外出禁止令5日目で、初めての週末を迎えました。

今日のパリはお天気も良くなくて、灰色の空。
「家から出てはならない」という状況と戦っている私達にとって、晴れ間が見れない今日は少し心も沈みがちな人達も多いのではないかと思います。

そんな中、フランスでは、毎日20時にはみんなが窓を開けて、拍手喝采をします。新型コロナウイルスと闘う医療従事者らにエールを送るフランス人の粋な姿です。

 

この5日間、医療従事者達ががんばっていることを横目に、私は自分が何も世の中にたっていないような気がして、悲しくて空しい日々を過ごしていました。
外出禁止令5日目。
この拍手喝采の中、うじうじしていても仕方がない。なるようにしかならない。
そうだ、今、出来ることをしよう。

今こそ、マインドセットを変えるいいチャンス

最近、ニュースでもマインドセットという言葉をよく耳にします。
マインドセット=今までの教育、経験、先入観などから形づくられる思考のこと。
いわゆる固定観念、価値観、思い込みのことですね。

新型コロナウイルスの影響でリモートワークを行う企業が増えている中、今まで、仕事とは、会社に行ってするもの。会社に行かなければいけないものというマインドセットが必然的に変わってきています。
「意外と仕事がはかどる」「通勤の時間が軽減されて睡眠時間が増えた」「自分の時間ができた」など、リモートワークが有利に働くこともあるようです。

また、ヨーロッパで暮らす私の場合は、外食出来ない時間、ジムに行けない時間、美容院に行けない時間、ネイルに行けない時間が出来たわけで・・・思わぬところから、「自分の時間」が出来ました。
「外に出れない」=「つまらない」「「暇」ではなくって、こういう時こそ、普段の生活で出来なかったことをやってみるチャンス!と思い込みを変えることがで出来ます。
もちろん、この状況の中でモチベーションを保つ事は大変ですが、この状況をいいチャンスと思えるかどうかは大きいですよね!

「時間さえあれば」と思っていたこと願いが突然かなったわけです。
この自分の力だけではなかなか作れない環境が作られた今だからこそ、今まで出来なかった新しいことに挑戦してみましょう!

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

あ・びあんと!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です