LIFE

フランスのサマータイム(2020)|廃止はいつ?|時差や対応方法は?

こんにちは。

フランスは、2019年のサマータイム(夏時間)が終了となりました。

正確には、2019年10月27日(日)の深夜3時に変更されました。

サマータイムが終わる日は、1時間長く寝ることができるので、
朝の支度がとても楽に感じました。 笑

逆に、サマータイムが始まる日は、1時間早く起きなければいけないので、
1日中、若干、身体がだるいと感じてしまいます。

当然ですが、日本とフランスの時差も変更します。

夏時間:7時間 ※日本はフランスより7時間は先に進んでいます。

冬時間:8時間 ※日本はフランスより8時間は先に進んでいます。

フランスに住んでいても、毎年、サマータイムっていつだったっけ?と
調べてしまうもの。。。

最近は、スマートフォンなどのおかげで、時計も勝手に変更になるので、
正直、気付かないまま、サマータイムになっている年もありました。(笑)

この、サマータイム制度、実はEU全体で廃止が検討されているんですよね。

今日は、「フランスのサマータイム|廃止はいつ?|時差や対応方法は?」と題し、
フランスのサマータイムについてレポートします。

フランスのサマータイム(夏時間)って何?

フランスには、夏時間(サマータイム)と冬時間があります。
基本的には、夏時間(サマータイム)は4月から10月、冬時間は11月から3月です。
夏時間は時計を1時間進め、冬時間は1時間時間を遅らせ元に戻します。

なぜ、サマータイム制度が出来たかというと、ヨーロッパでは、夏時間と冬時間で
日照時間がすごく変わります。
夏時間は日中がめちゃくちゃ長いです。
どれくらいかというと、日が最も長くなる夏至の時期(6月中旬〜末)の日照時間は、
なんと、朝5:00過ぎ〜夜22時過ぎまで明るいのです。

日が落ちたら寝る時間。。。という感じです。

フランスを含むヨーロッパでは、省エネ対策を含め、サマータイムが導入されています。

冬時間は逆に、日中がすごく短くて、冬至の時期(12月中旬〜下旬)の日照時間は朝8:30~16:00過ぎとなります。

サマータイムが終わる頃には、毎朝真っ暗の中、出勤しなければならない
サラリーマンがたくさんいるのです。。。

日照時間の差が日本に比べて激しすぎるので、季節感や気温は日本と変わらなくても、
旅行者は日照時間に違和感を感じられることが多いかと思います。

フランスのサマータイム2020はいつから?

フランスは、2019年のサマータイム(夏時間)が終了となりました。

正確には、2019年3月31日(日)の深夜3時に変更になりました!

では2020年のサマータイムは、いつからいつまでなのでしょうか。

サマータイム開始 (フランス時間)

2020年 3月29日 日曜日
3月最終日曜の深夜2時を3時に変更 (2020年3月29日の深夜2時→3時に変更)

サマータイム終了(フランス時間)

2020年 10月25日 日曜日

10月最終日曜日の深夜3時を2時に変更(2020年10月25日の深夜3時→2時に変更)

時計の対応方法
手動の時計の場合、変更日の就寝前(又は前日の土曜夜)に1時間時計を進めて就寝します。iphoneなどのスマートフォンや、パソコンは自動で対応されます。

サマータイムの開始日は通常よりも睡眠時間が1時間短くなるので、
ちょっとした時差ぼけになる人もいるようです。
時差ぼけというか、寝不足でボーとしているという感じだと思います。

日本との時差
夏時間:7時間 ※日本はフランスより7時間は先に進んでいます。
冬時間:8時間 ※日本はフランスより8時間は先に進んでいます。

フランス(EU)のサマータイムは廃止?いつから?

昨年、2018年9月、フランスを含め、EUのサマータイム制度は廃止されるかもしれない!
というニュースが飛び込んできました。

理由は・・・

時間の変化に適応することによる健康への負担。(心臓麻痺等のリスクを高める可能性もあり。)
睡眠不足による精神面の負担や影響
その割には、
省エネ効果があまりない。
パソコンなどのデジタルの時間調整の損失が大きい。

などなど。

また、フランスでは、冬時間の初日(サマータイムが終わった次の日)に、
フランス国内の交通事故件数が1.4倍になったという報告もあるようです。
理由は、夕方の帰宅時に、視界が前日より急に悪くなることが原因とのこと。。。

本当に?? と、この部分は個人的には疑ってしまいますが、
車を乗る人達はそうなのかもしれませんね。。。

では、いつからサマータイムがなくなるの?いうことですが、
2018年、12月、欧州連合(EU)は、サマータイム制度の廃止時期を
2021年以降に先送りすることで一致した様子です。

まとめ

今日は、フランスのサマータイム制度についてレポートしました。
日本ではサマータイム導入論が昨年話題になっていましたが、
ヨーロッパではサマータイム廃止論が議論されています。(笑)

現在はまだサマータイム制度が実施されていますので、
時差の間違えがないようにお気をつけくださいね。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

あ・びあんと!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です