LIFE

4月18日|お香の日の由来は何?心を落ちつかせる香りは?

こんにちは。ひめです。

気持ちを落ち着けたい時、気分を切り替えたい時に香りがとても有効的であることはご存知でしょうか?
アロマテラピーという職業がある程、香りというのは最近のストレス社会の影響で、リラクゼーションや癒しへの関心はとても高まっています。

アロマテラピーの芳香浴と似た使い方をするものとして、日本や中国にも昔から「お香」というものがあり、気持ちの変化を和らげてくれる働きを持っています。

私も気持ちを落ちつかせたい時や、リラックスしたい時にお香をたく事があります。不思議なことに、香りが漂ってくるとスーッっと心が落ちつくのです。

さて、そのお香ですが、「お香の日」というのがあることをご存知でしょうか?
今日は、「4月18日|お香の日の由来は何?心を落ちつかせる香りは?」と題して、お香の日の由来や、お香の効能についてご紹介します。

4月18日|お香の日の由来

お香の歴史は、日本書紀で伝えられるほど、昔にさかのぼります。
日本書紀によると、推古3年(595年)の4月、淡路島に香木が漂着したことが記述されていて、この出来事が日本のお香の始まりとされています。

また、島の人々が流れ着いた香木を焼くと良い香りが辺り一面に広がったので驚き、木片は朝廷に献上されました。そこで、聖徳太子が観音像を作ったとされています。今も淡路島ではその香木をご神体として枯木神社に祭られているとか。

お香の日は、香木が伝来した4月と、「香」の一画目の「ノ」を除いた漢字を分解すると「十」+「八」+「日」と読めることから18日ということでをあわせて4月18日を「お香の日」として1992(平成4年)に日本の全国薫物線香組合協議会が制定したそうです。

お香をたく意味とは

お香というと、日本人であれば、まず思いつくのがお線香ではないでしょうか。線香というと”お仏壇へお供えするもの”というイメージが強いかもしれませんが、最近では色や形、香りなど様々な種類があり、お供え物としてだけでなく、生活の中で香りを楽しむ機会も増えました。

お香の本来の役割は空間の浄化です。日本に伝来された後も魔除け、厄除けとしての役割を担っていました。
お香は、香りはもちろんのこと、火や煙によっても浄化作用は高まります。日常生活の穢れ、邪気、負のエネルギーを払い、空間を清めてくれるというお香の効果。スピリチュアルな面が強いものではありますが、実用面では、さらに湿気や悪臭を除湿、消臭する、また、虫除けなどの役割をになっています。

また、お香には、気分をやすらげる鎮静作用があるといわれています。仏教の教えの中にも、「香は部屋のなかでたきなさい。そしてそのなかへ入り、気を静めて無の境地になりなさい」と説教したとあります。お香は不浄を払い、「心を清める」ものとして、位置づけられていたのです。

心を落ちつかせるお香の香り

お香としてとても香りが良く、リラックス効果や精神安定に効果があるとして有名な白檀(サンダルウッド)です。白檀はアロマや香水など幅広いフレグランスの成分に使われる有名な香木です。原産地はインドやインドネシア、オーストラリアなどです。
清涼で柔らかだけれども、どこか神秘的な香りの白檀は、寺院でよくお線香として用いられています。瞑想タイムや心を落ち着けて深くリラックスするときに選びたい香りです。お香の初心者にもおすすめの上品な香りです。

まとめ

今日は、「4月18日|お香の日の由来は何?心を落ちつかせる香りは?」と題して、お香の日の由来と心を落ちつかせる私のおすすめの香りについてご紹介しました。
ストレス社会の世の中ですが、お香の持つ効果をうまく利用することで日常生活における様々な場面をよりよく過ごすことができます。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

あ・びあんと!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です