フランス生活

パリの乗り放題パス「ナビゴ(Navigo)」を購入することを勧める理由

こんにちは。Himeです。

今回は、パリ市内の公共交通機関でお役立ちアイテムの、NAVIGO(ナビゴ)についてご紹介しようと思います。

NAVIGOはパリ市内および近郊のメトロ(地下鉄)、電車(RER)、バス、トラムが乗り放題にできる定期券のことです。私はパリで生活しはじめてから今迄ナビゴを手放した事はありません!それくらい便利です。

空港からパリ市内へのアクセスと料金について

日本からパリに来る場合は、ほとんどの人がシャルルドゴール空港を利用されますが、シャルルドゴール空港からパリ市内までの公共交通機関は、RERという電車か、ロワシーバスになります。2019年3月現在、RERからパリまで料金は10.3ユーロで、ロワシーバスの場合は12ユーロです。また、パリ市内(ZONE1)の乗車券は、1枚、1.9ユーロ 10枚綴り 14.9ユーロです。

1日乗り放題券・モビリス(mobilis)というのがあるのですが、zone別により価格は違うのですが、パリ・パリ近郊のZONE1−5が全て網羅できるモビリス(mobilis)17.8ユーロです。

ただし、このモビリスは、ZONE1−5を購入しても、CDG空港とオレリー空港は適用外となっています。つまり、空港→パリ市内への乗車券は別で買わなければいけないということなのです。

「ナビゴ(NAVIGO)」パスをおすすめする理由

空港も網羅されている乗り放題パスはないの? とよく聞かれますが、あります! ナビゴ(NAVIGO)という定期券です。ZONE1-5を選択すると、ZONE1-5+パリから空港までの駅が網羅されているのです。つまりナビゴさえあれば、ZONE5以内であれば、地下鉄・バス・トラムが乗り放題となります。

また、パリのメトロのチケットは購入するのに、時間がかかります。また、クレジットカードしか使えない券売機や、故障している券売機など、チケットを買うのに一苦労することもあります。ナビゴは一度チャージしてしまえば1週間、または1ヶ月乗り放題なので、とても便利なのです。

ちなみに値段は2019年3月現在、1週間22.80ユーロ、1ヶ月75.20ユーロです。

ナビゴ(NAVIGO)の購入方法

NAVIGOを購入するには2通りあり、パリまたはパリ郊外に住んでいるという住居証明があれば、Carte Navigoが購入出来ます。旅行者など、住居証明がない場合はCarte Navigo Découverte(カルト ナビゴ デクーヴェルト)の購入が可能です。前者の場合は、カードを無くしても8ユーロで再発行が可能、後者の場合、申し込み時に、カード代(5ユーロ)と写真が必要で、カードを無くした時は再発行が出来ません。

どちらのナビゴも空港、地下鉄などの駅の窓口、もしくはオンラインで購入することができますが、オンラインの場合は、受け取り迄1ヶ月くらいかかる場合もあるので、窓口で購入されることをおすすめします。

購入後、券売機で、1週間、または、1ヶ月のチャージを完了させれば乗り放題パスの完成です。

日本から来られる際は、空港でも購入可能なので、ぜひチャレンジしてください。その際、写真が必要ですので、縦3cm、横2.5cmくらいの証明写真をお持ちくださいね。(写真は多少大きくても大丈夫です)

注意点は、「ナビゴ(Navigo)」の1週間パスの区切りが、常に、月曜日~日曜日となっている点と、金曜日以降になると、翌週月曜日以降の分のチャージしかできないという点です。 ご滞在のスケジュールと合わせてご調整くださいね。

まとめ

今日はパリおよびパリ近郊の乗り放題パス、ナビゴ(NAVIGO)についてご紹介しました。

パリにご旅行の際、または、パリに住まれる際は、是非お役立てください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

また次回のふわんすわーぷでお会いしましょう!