LIFE

【お願い】日本が、東京が、ロックダウンにならない為に今出来る事

こんにちは。ひめです。

外出制限が続いているフランスですが、私は今日も一歩も家から出ませんでした。
今日で外出制限がかかってから9日が過ぎようとしています。
ヨーロッパはイタリアに始まり、スペイン、フランス、ドイツ、イギリスなどのきなみ「ロックダウン」。ヨーロッパだけではなく、アメリカ、インド、そして、ニュージーランドでも「ロックダウン」が決まったとのこと。

今日、フランスではマクロン大統領のスピーチがありました。
「Covid-19」は世界中で猛威をふるい続けていて、現在、30億人以上の人々が外出制限を行っているとのことです。
また、このパンデミックにより、世界で既に2万人以上の人が亡くなり、フランスでは、今日現在で1331人の人々が亡くなったとのことでした。

一方、東京では、昨日オリンピックの延期が決定したのもつかの間、東京での感染者数が急増したこともあり、小池都知事が記者会見を開きました。
小池都知事の会見によると、首都封鎖に現実味を増して、このままでは「首都封鎖」になりかねない。26、27日の自宅勤務や週末の外出自粛を呼びかけていました。
この会見を受けて、スーパーでの買い占めが起こっている状況を見て、まるで数週間前のパリでの生活を見ているような気分になりました。

東京で、日本で「ロックダウン」が起こったら、経済、社会にとてつもない損害を与える。
とニュースでは報道されています。

しかし、実際に「ロックダウン」の渦中にいる私が感じる事。
それは、何もできないもどかしい気持ち。
社会、経済に役立ちたくても、何も貢献出来ない情けない気持ちが何日も続いています。
今、私に出来ることは、「ただ家にいること」だけなのですから・・・

突然、外出できなくなり、人と会う事もできなくなると、やることがない。
始めの数日間は、「こんな時だから!」と筋トレや家ヨガをしてみたり、色々していたのですが、外出禁止が解かれる兆しが見えなくなってくると、パジャマのままの日もあれば、化粧ももう何日していないだろう・・・誰にも会わないし、外にも出ないからシャワーも2日に1回でいいか・・・といった感じでどんどん堕落していきます。
まわりのみんなと励まし合っているものの、みんな、今までかつて経験したことがない封鎖措置からくる不安でメンタルも不安定。
だから、なかなか前向きな気持ちになる事が出来ない。前向きな気持ちになってもまた、時間が経つと不安な気持ちになる。この繰り返し。
朝起きて、ごはんを食べて、やることを見つけて、食べて、寝て・・・
外出出来ないので、自ら運動とかしない限り、体を動かす事ができない。
だからおなかも空かないけれど、やることがないから料理をしたりして、食べてしまう。
外出禁止令、9日目。とてもカラダが重い。

日本はまだ「Covid-19」の感染者数はヨーロッパに比べると少ない。
また、日本人のもともとの教育上、手洗い・うがい・マスクの着用など、感染しないような対策は身に染み付いているので、感染拡大のスピードも遅いと思う。
ただ、油断をしていると、感染拡大は本当に一気にくる。

今、日本は、お花見の季節で、マスクを着用しながらお花見している写真がSNSで上がっているのをよく見かける。
大勢がお花見を楽しんでいる姿を見て、私は恐怖さえ感じる。
私も、こんな日々がフランスで訪れるなんて3週間前までは思ってもみなかった。
事態は突然やってきた。
だからこそ、言いたい。

外出を控えて!

人が集まる場所に行かないで!

人が集まることをしないで!

出来る事ならば、日本は「ロックダウン」を免れてほしい。

と心から思う。

小池知事が今日の会見で「オーバーシュート(爆発的な患者の急増)の懸念が高まっており、感染爆発の重大局面だ」と強調したように、本当に今が正念場だと思う。

日本の皆様、どうか、ご協力をお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です