LIFE

コロナ疲れ|スマホやパソコンによる目の疲れや頭痛の対処法

こんにちは。ひめです。

目まぐるしく変わる新型ウイルスの情報関連を調べたりするため、1日のうち結構な時間をスマホやパソコンに費やしてしまっています
仕事もテレワークがメインとなり、会議や打ち合わせでも画面を見るし、普段よりもパソコン画面を見ている時間が多い上に、新型ウイルス情報も見なければいけない・・・
ロックダウンのによる引きこもり生活が続くについれて、視力と筋力が落ちて行く・・・と感じている人も多いのではないでしょうか?

今日は、「コロナ疲れ|スマホやパソコンによる目の疲れや偏頭痛対策」と題して、スマホ・パソコン・テレビなどの画面の見過ぎによる目の疲れや頭痛の対処法についてご紹介します。

目の疲れ、眼精疲労とは?

スマホやパソコン、テレビなど1日中液晶画面を見て過ごしていると、それによって目が疲労してしまい、場合によっては頭痛を引き起こしてしまうことがあります。
また、酷い頭痛だと目眩や吐き気に襲われることもあります。

パソコンやスマホを長時間見ていると、目が開けにくい・焦点が合いにくい・充血する・目が乾く・涙が出てくるといった症状が出てきます。また酷くなってくると、首・肩の痛みが、さらには頭痛に発展する場合もあります。
このような症状は「眼精疲労」と呼ばれ、目を使う作業を続けることが主な原因とし、目の疲れや痛みなどの症状に加えて、頭痛や肩こりなど、身体の様々な部分に症状が出てくることを指します。眼精疲労の全身症状の中でも、特に多くの人が悩まされるのが「頭痛」です。これは、目の疲れが原因で自律神経がにも負担がかかってしまっていることも原因の一つとされています。

日々の生活の中でできるパソコンによる疲れ目対策

では、どのような対策をとれば、「眼精疲労」を防ぐ事ができるのでしょうか?

メガネ・コンタクトレンズが合っているか確認する

視力が悪い人は、使っているメガネやコンタクトレンズが合っているかの確認をすることがが大切です。また、長時間パソコンなどの画面を見る場合は、遠くを見るためのメガネ・コンタクトレンズと、近くのパソコンやスマートフォンなどを見るための眼鏡・コンタクトレンズを使い分けることをおすすめします。ブルーライトをカットするメガネを使用するのも、目への負担が軽減されます。

パソコン画面に近づきすぎない

パソコン作業の際は、ディスプレイから最低40cmの距離を保つことも大事です。

画面を見る作業はこまめに休憩時間を設ける

パソコンやスマートフォンなどを長時間使うときは、休憩時間を設けること。1時間ごとに10分を目安に目を休めたり、肩や首を回すなどのストレッチをしたりしてみましょう。また作業の姿勢にも気をつけることも大切です。

睡眠時間を十分に取る

睡眠不足も眼精疲労の大きな原因です。規則正しい生活を心がけ、眼精疲労を予防しましょう。“目を休める”という意味でも、眠るのは疲労回復に効果を発揮します。

このように、日々の生活習慣を少し見直すだけで、目の疲れを軽減させることができます。また、ホットアイマスクやホットタオル、また、目のまわりのツボ押しやマッサージも、疲れ目には効果があります。

頭痛が起こったら安静に

もしも頭痛が起こってしまった場合は、とにかく安静にしましょう。特に片頭痛の場合は、光や音に敏感なりますので部屋を暗くすることが効果的です。また、体も敏感になっているので、少しの匂いで吐き気がしたり、音にも敏感に反応します。
また、カフェインを含む飲み物、コーヒー・紅茶・日本茶などを飲むことも頭痛の初期段階の場合は効果的と言われています。カフェインは血管を収縮する作用があり、脳動脈の拡張が抑えられ痛みが軽減する可能性がある為です。
ひどい時は、部屋を暗くして、時間が取れるようでしたら一眠りするのが良いでしょう。

まとめ

今日は、「コロナ疲れ|スマホやパソコンによる目の疲れや頭痛の対処法」と題して、パソコンやスマホを長時間見てしまう日常生活の中で、目の疲れや頭痛の対処法についてご紹介しました。
実は、私も先日、長時間パソコンとにらめっこしていたら、目がチカチカとして片頭痛を起こしてしまいました。目からくる頭痛はとても辛いですし、一度起こってしまうと回復まで時間がかかってしまいます。
日々のちょっとした心がけで目の疲れ・頭痛を予防しましょうね!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

あ・びあんと!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です