LIFE

フランス|新型コロナで外出制限|「戦争」状態とマクロン氏

こんにちは。ひめです。

ご存知の通りですが、フランスでは広がり続けるコロナウイルスの影響で、フランス大統領のマクロン氏は3月16日、国民向けの20分の演説で、国民は少なくとも15日間、移動を厳しく制限し、人との接触をできるだけ制限しなければならないと演説した。
つまり、実質上の外出禁止令。

全ての学校閉鎖の発表後は、生活に必要な店、つまり、スーパーマーケット、薬局など以外の、カフェ・レストラン・バー・公共施設全て閉鎖との発表。つまり、サービス業は、ほぼ全てシャッターが下ろされた。ショッピングセンターも美容院もネイルサロンも全て。

そして閉鎖した翌日に、外出禁止令。
この1週間でフランスの生活は「一時的」であはあるが、ガラッと変わってしまった。

外出禁止になる前に近所のスーパーに取りあえず食材を買いに行ってみた。
少なくとも1mは人と人の距離を取りましょう!というマクロンの演説をしっかり守り、スーパーの中で人が溢れないように、入場制限がかかっていた。
また、外で待っている人達も1m間隔で並んでいた。

 

こうして、3月17日12時より、外出制限が始まった。
以下の例外があげられている。

● 自宅から会社までの通勤(基本的にはテレワーク)
● 自宅近辺の店での、生活必需品の買い物
● 医療機関までの移動
● 子供の送り迎えや、高齢者や体の不自由な方などの手伝い、犬の散歩
● 個人的な運動(自宅近辺のみ。集団はNG)つまり、1人での散歩やランニング

例外の為に外出する場合は、フランス政府が発行した外出証明書が必要で、ダウンロードをして目的にチェックを入れて、外出する時は携帯する。家にプリンターがない場合は、白紙の紙に同じ内容を記載して持ち歩けばよいとのこと。
外には、警官や軍隊がいる。
もし、なんらかの違反をした場合、38ユーロの罰金を支払わなければいけない。

パリは閑散としてしまっている。
外出制限の演説の後、多くの人が田舎の家に避難していったことも1つの理由にあげられる。
フランスでは、「maison de famille=家族の家」と行って、所謂、別荘を田舎に持っている家族が多い。1家族だけでなく、親戚同士で管理し合って田舎の家を守っている。
その「maison de famille」や田舎のおじいちゃん、おばあちゃんの家にパリジャン達は一斉に避難して行った。

私はここでは外国人。田舎に家はない。国境はEUで封鎖されているからパリに残る選択肢しかなかった。
正直、この1週間は不安だった。今も不安が無い訳ではないが、いきなり職場が閉まり、失業者状態。もちろん、一時的なのだが、昨日まで普通だったことが突然無くなると同様するものである。この先どうなってしまうのだろう。。。
と考えたりもしたが、考えても仕方がない。なるようにしかならない。
と思い、また執筆活動を強化し始めた次第なのです。

さて、外出制限1日目の夜20時。
励まし合いの意味も含めて、パリに残ったパリジャン達が窓を開けてみんなで拍手を行った。
これはイタリアでもされていたが、お互い会えないけれど、「みんな」で乗り切ろう!という意味が含まれているのだろう。

 

マクロンが演説で繰り返し主張していた「ウイルスのの戦争」。
見えないものとの戦いに不安を感じることは確かだけれど、先に外出制限の政策を取ったイタリアにならって、徹底的な対策を取ったことで終息を早められるのは間違いないと私は思う。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です