LIFE

フランス語で「いただきます・ごちそうさま」は何ていう?ボナペティ?

こんにちは。
ひめです。

今日は、フランス語のお話です。

「いただきます」「ごちそうさまでした」
日常、よく使いますよね。
この2つの言葉、フランス語で何て言うの?と議論することが多々あります。

今最近、キムタクが出ていたドラマで「ボナペティ」という言葉がが少し流行りましたね。
これが、「いただきます」と訳されたりもしていましたが、実際はニュアンスが違います。

さて、今日は、「フランス語で「いただきます・ごちそうさま」は何ていう?ボナペティ?」と題して、「いただきます」「ごちそうさま」はフランス語でどのように表現するのかをご紹介します。

「いただきます」はフランス語で何て言う?

「いただきます」はフランス語で何というのか?
この議論は、私はフランスに住み始めてたくさんの人と何度も議論をしました。
結論から申し上げますと、「いただきます」とまったく同じ意味のフランス語では存在しません。

「いただきます」は食事を始めるときのあいさつの言葉である。
引用元:デジタル大辞典

語源を調べてみると、日本語の「いただきます」の「いただく」は、元々は、神様にお供えしたものを食べる(いただく)ことが由来となり、やがて、食事を始める時に「いただきます」と言うようになり、食前の挨拶として定着したようです。

現在では、「食事を作ってくれた人」や「食材への感謝」の意味をこめて「いただきます」と言うことが一般的です。

フランス語訳で、時々「いただきます」=「ボナペティ」と訳されることがありますが、実際には、「ボナペティ(bon appetit)」はいただきますという意味ではありません。

「ボナペティ(bon appetit)の意味は?」

フランス語で、ボナペティとは、「召し上がれ」という意味です。

つづりにすると「bon appétit」です。

・bon:良い

・appétit:食欲

これをつなげて「良い食欲を」=「召し上がれ」にいうようになります。

実際、食事をいただく側ではなく、食事を提供する側は、「はい、どうぞ」というように使われることが多いです。

ま同じテーブルにつく人同士が声を掛け合います。また、レストランなどで、料理を運んできた人が立ち去るときに、Bon appétit と一声かけて立ち去ります。

また、学校などの食堂で、お友達が食事をしようとしている時に出くわしたりしても、「ボナペティ(bon appetit)」と声をかけたりあします。

「ボナペティ(bon appetit)」と言われたら、「ありがとう=メルシー(Merci)」と言いましょう。

フランス語で「ごちそうさま」は何て言う?

フランス語で「ごちそうさま」という直訳は存在しません。
ただ、食べ終わったら無言という訳ではありません。
「ごちそうさま」という意味も含めて、食事が終わった後に使われるフレーズはフランス語にはたくさんあります。
いくつかのフレーズをご紹介しますので、フランス旅行中に、レストラン等で現地の人々と是非、会話してみてください。

Merci beaucoup! / メルシー ボクゥ 

ありがとうございます。感謝の気持ちを伝えることのできるフランス語フレーズです。
食事を作ってくれた人や、配膳してくれた人への感謝を伝えることができる一般的な表現です。

 C’était( très) bon! / セ テ(トレ) ボン 

(とても)美味しかったです。という意味です。「très / トレ」を付けることによって、「とても/すごく」という意味になります。

C’était délicieux! / セ テ デリシュー 

おいしかったです。という意味です。「Merci beaucoup! C’était délicieux!」というように「ありがとう」といっしょに使うとさらに気持ちが伝わります。

J’ai bien mangé! / ジェ ビヤン マンジェ

私はよく食べました」「たくさんいただきました」という意味のフランス語フレーズです。食後に使うと、おいしくたくさん食べましたと言うニュアンスになります。

まとめ

今日は、フランス語で「いただきます」「ごちそうさま」をどのように表すかについてご紹介しました。

日本語の「いただきます」「ごちそうさま」の直訳はないのですが、同じようなニュアンスで使うことのできるフランス語はあります。

特に「ごちそうさま」に関しては、食事をした後、、自分の気持ちにあわせてフレーズを使用してみたください。

また、フランスで「いただきます」「ごちそうさま」を表現するときは、相手の目を見ていいましょう!日本人は慣れていないので、目を見る事は恥ずかしいと思うこともありますが、フランスでは「目を見ること」はある意味マナーの1つです。
相手の目をみて自分の気持ちをこめてフレーズを使ってみてください。

今日も最後まで、読んでいただきありがとうございました。

あ・びあんと!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です