イベント(Japan)

浅草の三社祭(さんじゃまつり)2019|みどころや混雑・交通規制

こんんちは。

暖かくなってくるとお祭りの季節って感じがしませんか?

今日は、浅草の三社祭についてご紹介します。

三社祭ってご存知ですか?(さんじゃまつり)と読みます。

東京、浅草にある浅草神社のお祭りで、江戸っ子達がお神輿をかついで威勢よく駆け回るとても迫力のあるお祭りです。

そこで、今日は、「浅草の三社祭(さんじゃまつり)2019|みどころや混雑・交通規制」と題して、浅草のお祭り情報をレポートします。

三社祭(さんじゃまつり)の概要

三社祭(さんじゃまつり)は東京の浅草にある浅草神社の例祭です。

「例祭」というのは、神社において,常例によって年に1回行われる大祭のことを言います。また、神社の大祭のなかで最も重要な祭りのことを指します。

三社祭(さんじゃまつり)は、毎年5月半ばの週末に行われます。
2019年は、5月17、18、19日の3日間です。

神輿の数は本社神輿や町内のお神輿の数は、約100基!!!
祭りの衣装を着た担ぎ手たちの掛け声とともに、大勢で躍動感いっぱいに浅草の町をお神輿を担いで練り歩くので、迫力満点です。
浅草神社の伝統的な催し物ですが、最近は、外国からの観光客も多いようです。

日程 2019年5月17日、18日、19日の3日間
三社祭は、毎年、5月第3週の金、土、日曜日の3日間に行われます。
場所 浅草神社:東京都台東区浅草2-3-1
アクセス 東京メトロ銀座線、都営地下鉄浅草線の浅草駅から徒歩で約7分
つくばエクスプレス、東武スカイツリーラインの浅草駅から徒歩で約10分


三社祭のスケジュール

【5月16日(木)】

19時 本社神輿神霊入れの儀

【5月17日(金)】

13時    大行列 ※雨天中止です。
14時20分    びんざさら舞奉納
15時     びんざさら舞奉納(神楽殿)
15時30分    各町神輿神霊入れの儀(かくちょうみこしみたまいれのぎ)

【5月18日(土)】
10時    例大祭式典
12時      町内神輿連合渡御(ちょうないみこしれんごうとぎょ)
16時    奉納舞踊(神楽殿)
17時    巫女舞奉奏(神楽殿)

【5月19日(日)】
6時     宮だし 本社神輿各町渡御(ほんしゃみこしかくちょうとぎょ)
14時    巫女舞奉奏(神楽殿)
15時         奉納舞踊(神楽殿)
16時         太鼓奉演(境内)
11時〜18時  雷門通りから馬道通りで、お祭り広場を開催
宮入り後     本社神輿御霊返しの儀(ほんしゃみこしみたまがえしのぎ)
※本社神輿へお移り頂いた御神霊(おみたま)を本殿へお戻しする儀式です。

三社祭の由来

浅草神社の創設は、いまから1,400年ほど前。

三社祭の正式名称は、浅草神社例大祭です。檜前浜成(ひのくまはまなり)、檜前武成(ひのくまたけなり)、土師真中知(はじのあたいなかとも)の3人を神として祀って(まつって)いる為、三社と呼ばれています。三柱(みはしら)をご神体として祀っているということです。

そのため、浅草神社は、三社様(3つの神社)と呼ばれ、ここで行われる祭りは三社祭と呼ばれるようになったようです。

三社祭のみどころ

見どころ1:大行列:1日目13時〜

1日目の「大行列」。時代衣装を着た人々の行列が町を練り歩きます。具体的には、お囃子屋台、びんざさら舞、芸子蓮、白鷺の舞(しらさぎのまい)などが行列して浅草の町を歩きますので浅草の街が一気にお祭りモードになります。
百聞は一見に如かずです。昨年の様子をご覧ください。

コースは、浅草組合→柳通り→千束通り→ひさご通り→浅草六区→雷通り→雷門→仲見世通り→鳥居→浅草神社となります。雨天の場合は中止です。

見どころ2:町内神輿連合渡御:2日目(12時~)

2日目は浅草神社周辺の44の町々から100基ほどのお神輿が出され、浅草神社へと向かいます。「わっしょい、わっしょい」というかけ声を揚げながら、担ぎ手が大勢で威勢よくお神輿を担いでいく様子が見どころです。
三社祭のお神輿の特徴は、お神輿を激しく揺さぶる「魂振り(たまふり)」です。お神輿に座す神様の霊威を高め、その御神德をあますところなく行き渡らせるという意味があるようです。三社祭の魂振りはとくに激しいことで知られています。

見どころ3:本社神輿各町渡御:3日目(6時〜)

3日目(5月19日)は、本社神輿各町渡御(ほんしゃみこしかくちょうとぎょ)と呼ばれるメインイベント。神社のお神輿3基は、6:00に浅草神社を出発し、3つのルートに別れてそれぞれ周辺の町をまわったのち、浅草神社へと戻ります。浅草神社にお神輿が戻るのは18:00〜19:00頃。
お神輿3基は、一之宮、二之宮、三之宮と呼ばれ、それぞれ、土師真中知、檜前浜也、檜前竹成を祀ったものとなっています。
神社のお神輿は、2日目の町内神輿よりも大きいのが特徴です。

三社祭の楽しみ方と混雑状況

大行列やお神輿の観覧も楽しみですが、お祭りの楽しみというと屋台もその1つではないでしょうか?仲見世通りから浅草神社にかけての道路、浅草神社境内など、さまざまな屋台が出店します。

毎年、3日間で約180万人が祭りに訪れます。特に2日目と3日目は、観客と神輿の担ぎ手で大変混み合います。人や神輿の移動に気をつけて、ケガをしないように祭りを楽しんでくださいね。また、スリも発生するようですので、携帯や財布など貴重品の管理には十分注意してください!!

三社祭期間中の交通規制

毎年、三社祭期間中は交通規制がひかれます。
昨年の情報になりますが、毎年同じ場所で交通規制が実施されます。
ご参考にしてください。

5月19日(日):9時30分〜19時:雷門通りと並木通り
5月19日(日):11時00分〜19時:馬道通りと二天門前通り

まとめ

今日は、「浅草の三社祭(さんじゃまつり)2019|みどころや混雑・交通規制」と題して、浅草のお祭り情報をレポートしました。

約100基が町を巡る神輿はとても迫力がありますね!夏の始まりを感じるお祭り。
混雑は覚悟ですが、見る価値ありですよ!!

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

あ・びあんと!