イベント(Japan)

ぬかた園地(大阪)あじさいまつり2019|見どころや駐車場情報

こんにちは。

梅雨入りが始まると、あじさいの季節だなって感じがします。

「府民の森 ぬかた園地」ってご存知ですか?

大阪で最大級の規模で知られている、あじさい園で有名なのです。
6月中旬から7月上旬に開催される「あじさいまつり」の時期は、特に観光客で賑わいます。

今日は、「ぬかた園地(大阪)あじさいまつり2019|見どころや駐車場情報」と題して、ぬかた園地のあじさいまつりのみどころや駐車場情報についてご紹介します。

府民の森「中部園地」のぬかた園地について

大阪府民の森には、大阪の東の端に位置する金剛生駒紀泉国定公園の主要な地点に府政100周年記念事業として大阪府が整備したものです。
府民の森は9つの園地があり全体面積は617ha、甲子園球場の約160倍の広さがあります。
中部園地というのは、大阪府にある生駒山の中腹から山上付近にまたがる「くさか」、「ぬかた」、「なるかわ」、「みずのみ」の4つの園地からなる、広大な自然公園です。

それぞれの園地で四季折々の花が楽しむことができます。
例えば、くさか園地:3月から5月にかけて、コブシ、ウメ、ヤマザクラ。
なるかわ園地:4月から5月にかけてツツジが、
ぬかた園地では、6月から7月にかけてあじさいが咲き誇ります。

ぬかた園地のあじさいについて

毎年6月~7月にかけて、ぬかた園地の1,500平米もの広大な敷地に、幻のアジサイとされていたシチダンカをはじめ、約30種約2万5000株のあじさいが咲き広がります。ぬかた園地は標高が500~550mと高いため、平地よりは遅く開花すつ為、7月ころまであじさいを見る事ができるのです。

 

https://twitter.com/134RYO1031/status/1010432070164799488?s=20

 

約30種類あるあじさいの中も幻のあじさいというのが、「シチダンカ」。
高さ1~1.5mの落葉低木で、シーボルトの大著『日本植物誌』に紹介されたのですが、以後発見されず、長い間、絶滅したと思われていました。
しかし1959年に六甲山で偶然にも再発見され、さし木で殖やされた苗が各地に広がり少しずつ増やしていったようです。
この「シチダンカ」というあじさいも、ぬかた園地では見る事が可能です。

ぬかた園地|あじさいまつり2019

毎年開催されている「あじさいまつり」。2019年の開催期間は・・・
令和元年6月15日〜7月14日

期間中はぬかた園地案内所もオープン、あじさいの苗木も販売されます!※10時〜16時

また、6月29日30日、7月6日、7日の期間限定で森のオープンカフェがオープンします。毎年、カフェでは、コーヒーやスイーツなどが販売されますので、こちらで一息ついてみては?ただし、雨天中止となりますので、ご注意ください!

あじさいまつりのパンフレットはこちら

ぬかた園地へのアクセス

公共交通機関のご利用の場合

  • 近鉄奈良線「枚岡駅」下車。摂河泉ハイキングコースからあじさい園まで約80分。
  • 近鉄奈良線「石切駅」下車。辻子谷ハイキングコースであじさい園まで約80分。
  • 近鉄生駒ケーブル「生駒山上駅」下車。遊園地の左側を行き、トンネルを抜けて、分岐を右に進みあじさい新道へ。そのままあじさい新道を進めばあじさい園まで約40分。

https://twitter.com/ip6btCrcg2kJA2X/status/1120104555398582272?s=20

※登山道を歩くので、動きやすい服装で行かれることをオススメします!

車の場合

ぬかた園地には駐車場はありません。

信貴生駒スカイライン(有料)を利用。生駒山上遊園地駐車場から徒歩にて。

※大阪方面からお越しの方は、らくらくセンターまでは車でアクセス可能ですが、そこからあじさい園までは徒歩2時間ほどかかります。

住所:大阪府東大阪市山手町2030−6 ぬかた園地

まとめ

今日は「ぬかた園地(大阪)あじさいまつり2019|見どころや駐車場情報」と題して、ぬかた園地のあじさいまつりについてご紹介しました。

ぬかた園地には、駐車場が近くにはないので、公共交通機関で行って、ハイキングがてらあじさいを見に行かれることをおすすめします。

今日も最後までよんでいただきありがとうございました。

あ・びあんと!