イベント(Japan)

三室戸寺(みむろとじ)ハート紫陽花(2019)|ライトアップや見ごろ

京都の花寺ともいわれる宇治市の古刹・三室戸寺(みむろとじ)

4月は桜、5月はつつじ、6月は紫陽花と、四季折々の花々が咲く三室戸寺は京都の花寺と言われています。

三室戸は6月を中心に、50種類一万株に紫陽花の花が咲きます。その中からハートアジサイを見つけると、恋が叶うと言われていて、恋愛にも効く三室戸寺。

今日は、「三室戸寺(みむろとじ)京都のハートあじさい|ライトアップや見ごろ」と題して、三室戸寺紫陽花の見頃、ライトアップの期間、ハートの紫陽花のこのなどについてご紹介していきます。

三室戸寺の概要・基本情報

名称 三室戸寺
住所 京都府宇治市菟道滋賀谷21
拝観時間 8時30分~16時30分 ( 4月1日~10月31日)
8時30分~16時 (11月1日~ 3月31日)
料金 大人500円 、小人300円
アクセス 車:京滋バイパス宇治東ICより3分
電車:京阪 三室戸駅下車、徒歩15分
JR宇治駅よりバスもしくはタクシー
※紫陽花の季節にはJR宇治駅・京阪宇治駅より臨時直行バス進行予定
駐車場 あり
電話番号 0774-21-2067
公式ウェブサイト  https://www.mimurotoji.com

三室戸寺|紫陽花のみどころ

例年6月初旬ころから紫陽花は七分咲きくらいで、見頃は、7月初めころまで続きます。

見頃
6月初旬~7月初め

【三室戸寺のあじさい園の開園】

期間:2019年6月1日(土)~7月7日(日)
時間:8時30分~16時30分 (16時30分には下山)
拝観料:大人800円 小人400円

見頃
6月8日頃~7月初め

ちなみに、6月末には、ハスの花が咲き始めます。

三室戸寺|ハートの紫陽花

三室戸寺を訪れたらぜひ探してほしいのが、ハート型の紫陽花です。
これは、ハート形の品種の紫陽花があるわけではなく、自然が奇跡的に生み出すものだそうです。
この奇跡的なハートを見つけられたら恋が叶う、一緒に見たらその人と幸せになれると噂が広まって恋愛成就の為に、この紫陽花を見つけに来る人も多くなったようです。
この「自然の奇跡的な紫陽花」が、咲く場所は毎年違いますし、その数はわずかなので、見つけけるのは難しいようですが、その分、ご利益がありそうですよね!

 

そして、京都宇治という立地にある三室戸寺は、平安貴族の恋を描いた源氏物語の「宇治十帖」にも所縁のあるお寺です。恋愛成就の御守りや、絵馬、おみくじなどもご利益あり、恋にも効くんだそうですよ。

紫陽花型のお守り。とってもかわいいですね。

三室戸寺|紫陽花のライトアップ

三室戸寺には、約1万株の紫陽花が植栽されています。見頃の時期にはライトアップも行われるので夜に訪ねるのもおすすめです。

あじさい園ライトアップ

期間:2019年6月8日~6月23日の間の土・日曜日のみ
時間:19時~21時(20時30分受付終了)
拝観料:大人800円 小人400円

三室戸寺|庭園状況の確認方法

三室戸寺の公式、インスタグラムやFacebookn庭園情報が定期的にアップされていますので、お出かけ前にチェックしてみてくださいね。

三室戸寺のインスタグラム
三室戸寺のfacebook

まとめ

今日は、「三室戸寺(みむろとじ)京都のハートあじさい|ライトアップや見ごろ」と題して、三室戸寺紫陽花の見頃、ハートの紫陽花、ライトアップの期間などについてご紹介しました。

ハートの紫陽花さがし、ぜひ、チャレンジしてくださいね!

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

あ・びあんと!