イベント(Japan)

鯉のぼりや五月人形はいつまで飾る?片付ける時期や処分方法

こんにちは。

5月5日はこどもの日。端午(たんご)の節句ともいいます。

鯉のぼりを飾ったり、五月人形を飾ったりとご家庭では華やかになりますよね。

でも、片付ける時期や、処分する時期、方法については、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

今日は、「鯉のぼりや五月人形はいつまで飾る?片付ける時期や処分方法」と題して、鯉のぼりや五月人形の片付ける時期、処分方法についてご紹介いたします。

こどもの日と鯉のぼりの関係。由来について

そもそも鯉のぼりの由来って何なのでしょう。

5月5日は端午(たんご)の節句ともいいます。もともと、「端午の節句」は中国が発祥の厄払いの行事でした。その後、日本に伝わり、江戸時代の五節句のひとつに定められて、男の子の行事として定着したんだそうです。

「端午の節句」に「こいのぼり」を掲揚する理由は、男の子の出世や無病息災を願う、年中行事として江戸時代に広まった風習で、中国から鯉の演技がいい魚だという言い伝えで選ばれたようです。

その後、国民の祝日法によって、1948年に「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」日として「こどもの日」が定められ男の子、女の子の区別なく、お祝いする日というようになったようです。

五月人形を飾る意味とは?

五月人形とは、端午の節句の時期に飾る人形のことを指します。男の子の誕生を祝い、健やかな成長と強く逞しい成人になるようにと願いが込められています。

もう少し歴史を辿ると、江戸時代に端午の節句が公的な行事として定められ、武士の後継となる男の子の誕生を祝い、強く逞しい成長と出世を願うものとして定着していきました。

五月人形はには、鎧飾りや兜飾りがあり、「男の子を病気や災厄から守る」お守りのような存在として、現代まで受け継がれています。

鯉のぼりを片付ける時期は?

鯉のぼりは、春のお彼岸(春分の日)が過ぎの「大安の日」に飾るのが一般的のようです。概ね、下旬から4月上旬頃に飾りつけるのが一般的なようです。

鯉のぼりを片付ける時期は、端午の節句が終われば基本的には片付けてOKです。5月の中旬頃までが目安ですが、5月5日が終わった直後に片付けても大丈夫です。

旧暦の端午の節句は1ヶ月遅れとなるので、地域や過程によっては、6月上旬迄鯉のぼりをかかげているところもあります。

また、旧暦の端午の節句は約1ヶ月遅れになるため、6月上旬まで鯉のぼりを飾っている家庭もあります。地域によっては、ほとんどの家庭で旧暦の5月5日まで飾るというケースもあるようです。

片付ける日ですが、一般的に、大安で天気が良い日を選ぶことがよいとされています。2019年のこどもの日以降の大安の日は下記です。

5月6日(月)12日(日)18日(土)24日(金)30日(木)

鯉のぼりのお片付けは大安の天気が良くて乾燥した日を選び、汚れを落として十分に乾かすようにしてくださいね。

大安の日というのはベストですがマスト(絶対)ではありません。
カビ等の防止の為にも、お天気のよい日を優先してくださいね。

五月人形を片付ける時期は?

実は、五月人形については、いつからいつまで飾るという明確な決まりはないんです。
でも、季節感を尊重する為にも、春分の日(毎年3月20日頃)を過ぎ、遅くても4月中旬頃までには飾り、端午の節句当日まで鑑賞を楽しむというのが一般的なようです。

しまう時期についても、五月人形には雛人形のように「しまう時期が遅れると、婚期が遅れる」というような言い伝えはありません。
ですので、1年中飾ってても問題はないのですが、季節外れ感がありますし、人形を痛めてしまわない為にも、梅雨に入る前のお天気がいい日に片付けることをオススメします。

収納する際は、五月人形のほころをハタキや柔らかい布で落とした後、柔らかい布や紙にくるんで、収納してくださいね。
ケース飾りの場合は、ガラスケースのほこりや手あかを拭き取るのを忘れずに!

五月人形は湿気に弱いです。お天気のいい日を選んで片付けるようにしましょう。鯉のぼりと一緒に大安の日に片付けると気持ち的にも気分がいいのではないかと思います!

五月人形の処分方法は?

五月人形に限らずですが、人形には魂が宿っているとか、念がこもっているという考え方もありますので、ゴミとして出すのではなく、お寺や神社で供養してもらうことが一般的です。

近くの神社やお寺にお問い合わせしてみるよよいでしょう。
「人形供養 神社 ○○市」「人形供養 寺 ○○県」と検索してみましょう。

最近は、郵送で人形供養を受け入れてくれる神社や寺もあるので、検索してみてくださいね。

まとめ

今日は「鯉のぼりや五月人形はいつまで飾る?片付ける時期や処分方法」と題し、鯉のぼりや五月人形の片付ける時期や、処分する時期についてまとめてみました。

季節ものって飾ったはいいものの、いつ片付けていいかよく悩んでしまいます。

ご参考にしてくださいね。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

あ・びあんと!