イベント(Japan)

京都葵祭(あおいまつり)2019|行列のおすすめ見学スポットは?

こんにちは。

京都の葵祭(あおいまつり)はご存知でしょうか。

葵祭は、祇園祭、時代祭と並ぶ京都三大祭の一つとして知られています。

京都御所から下鴨神社・上賀茂神社へ新緑の都大路を、総勢500名を超える平安絵巻さながらの優雅な行列がねり歩きます。

平安時代から続いてきた王朝のお祭りである葵祭は、その平安絵巻を見ることのできる伝統の祭りです。

今日は、「京都・葵祭(あおいまつり)2019|みどころやおすすめスポット」と題して、毎年5月に行われる葵祭2019の日程や、由来、見どころなどをご紹介します。

葵祭2019年の由来と日程

夏の始まりに、の京都を優雅な行列で彩る葵祭。
賀茂御祖神社(下鴨神社)と賀茂別雷神社(上賀茂神社)の例祭です。
※「例祭」というのは、神社において,常例によって年に1回行われる大祭のことを言います。

葵祭は、王朝風俗の伝統が残る、貴族の祭として知られます。
今から約1500年前、平安時代から行われていると言われています。

『源氏物語』や『枕草子』『今昔物語集』『徒然草』
などにも、葵祭のことが描かれているんですよ。

葵祭は、5月初旬からさまざまな行事(前儀)が行われ、5月15日に約8キロの距離を、平安装束をまとった人々が練り歩く「路頭の儀」が開催されます。
平安時代から続いてきた王朝のお祭りである葵祭は、その平安絵巻を見ることのできる伝統の祭りです。

開催日 2019年5月15日(水)
場所 京都御所→下鴨神社→上鴨神社
アクセス  京都御所
京都市営地下鉄今出川駅で下車し、徒歩で約10分
下鴨神社
京都市営地下鉄北大路駅で下車し、市バスで下鴨神社前で下車
上賀茂神社
京都市営地下鉄・北山駅で下車、市バス4系統に乗って約10分上賀茂神社前で下車

 

葵祭|路頭の儀(行列)のコース

午前10時30分:京都御所 出発

堺町御門

丸太町通

河原町通

11時40分:下鴨神社到着

14時20分:路頭の儀・出発

下鴨本通

洛北高校前

北大路通

北大路橋

賀茂川堤

15時30分:上賀茂神社到着:社頭の儀

葵祭|路頭の儀(行列)のみどころ

葵祭の最大の見どころ「路頭の儀」と呼ばれている平安王朝の行列ですが、勅使をはじめ、検非違使、内蔵使、山城使、斎王代などに扮した総勢約500人が牛車などに乗り、京都市内約8キロを練り歩きます。

路頭の儀には、総勢約500人、その従者、馬、牛などが参加します。
斎王代十二単衣をはじめ、平安時代の装いは見ているだけで楽しくなります。
まさに、平安絵巻。平安時代にタイムスリップしたかのような感覚を味わう事ができます。

2019年の斎王代は誰?

葵祭の行列の華となる斎王代 (第64代斎王代)には、京都市左京区の会社員、負野李花(おうのりか)さんが選ばれました。

葵祭|おすすめの見学スポット

私がおすすめする見学スポット「加茂街道」です!

直線道なので、待っている間も、
行列御一行が歩いてくる様子をゆっくり見る事ができます。

人は多いですが、もみくちゃになるほどではなかったです。

私が行った際は木陰がありました!
並木道なので、おそらく今も木陰があると思います。

ちなみに・・・
有料観覧席もあります。

有料観覧席が京都御苑、下賀茂神社参道の2か所に設けられます。
1席2700円で、全席指定となっています。
詳細はこちら

まとめ

今日は、「京都・葵祭(あおいまつり)2019|みどころやおすすめスポット」と題して、毎年5月に行われる葵祭2019の日程や、由来、見どころなどをご紹介しました。

平安時代にタイムスリップした気分になれる京都・葵祭はおすすめですよ。

天候に恵まれますように。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

あ・びあんと!